Fender MIYAVI Telecaster

Fender MIYAVI Telecaster

¥250,000価格

日本が世界に誇るスーパーギタリスト、MIYAVIのシグネイチャーTelecasterが登場。
2016年に入手して以降、アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide』のレコーディングに使用され、更なるカスタマイズを施しながら本人の理想を追求していったオリジナルのFender Custom Shopモデルは、ほぼすべてのレコーディングやステージをこれ一本で行うほど、MIYAVIの絶大な信頼を得ています。
このCustomShop製Telecasterを元に、本人の監修を受けてMade in Japanラインで実現したのが、MIYAVI Telecasterです。
ブリッジには、Telecaster特有の鋭いサウンドを活かすため、ピックアッププレートと一体型でありながらアーミング機能を追加した、MAVERICK SUPER VEEトレモロシステムを搭載。
3ピックアップ構成で、今や本人の代名詞とも言えるトーンを実現するサスティナーピックアップをネックに、センターにAmerican Vintage 65 Stratocasterシングルコイル、ブリッジにはファズとの相性が良く、高域でも音が細くなりすぎないDuncan Little 59ハムバッカーを採用しています。
サスティナーコントロールには、2つのスイッチを用意。1つはサスティナーのON/OFF、もう1つはサスティナーモード(Fundamental/Harmonic*/Blend Switch)が切り替えられます。
大胆なカスタマイズが施されたMIYAVI Telecasterは彼のプレイスタイルと飽くなき挑戦を支える機能が詰まった唯一無二のテレキャスターです。
※アーティスト本人の好みのサウンドのピックアップを搭載しているため、ハーモニクスモード使用時に、サスティナーが効きにくい場合がございます。

 

Body Material: Alder
Body Finish: Gloss Polyester
Neck: Maple, Miyavi “C”
Neck Finish: Gloss Urethane
Fingerboard: Rosewood, 9.5” (241 mm)
Frets: 21, Medium Jumbo
Position Inlays: White Dot (Rosewood)
Nut (Material/Width): Bone, 1.650” (42 mm)
Tuning Machines: Vintage-Style
Scale Length: 25.5” (648 mm)
Bridge: Super Vee Maverick
Pickguard: 1-Ply Black
Pickups: Seymour Duncan Little’59 (Bridge), Pure Vintage ‘65 Gray-Bottom Single-Coil Strat(Middle), Sustainer Driver (Neck)
Pickup Switching: 5-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup Position 2. Bridge and Middle Pickup Position 3. Middle Pickup Position 4. Middle and Neck Pickup Position 5. Neck Pickup
Controls: Master Volume, Master Tone, Intensity Control, Active Sustainer On/Off Switch, Fundamental/Harmonic/Blend Switch
Control Knobs: Knurled Flat-Top
Hardware Finish: Nickel/Chrome
Strings: Fender USA 250R Nickel Plated Steel (.010-.046 Gauges)

ギグバッグ付属