top of page
Soundpapa Online Shopping

発売開始から時が経ち、定番モデルとしての地位を確立した王道の[レスポール・スタンダード]
1950年代の仕様を再現した "50s" シリーズと、1960年頃の仕様を再現した "60s" シリーズの2種類が現行品としてラインナップされております。

中でもこちらのモデルは1959年頃の仕様を再現したモデルとなり、程よく厚みのあるネックグリップと重低音の強調された太いサウンドが特徴的なモデルとなっております。
バイオリンやアコースティックギターと同じセットネック構造に、メイプルトップとマホガニーバックの2層構造のボディは、レスポール特有の深い味わいのある音色の秘訣といえるでしょう。

近年採用されていた[ウエイトリリーフ]を廃止した、ソリッド構造の為よりヴィンテージテイストの強いコシのあるサウンドとなっております。
クリーントーンはドンシャリ気味で音圧があり、歪ませても音の輪郭が残りますのでジャズやハードロックまで様々なジャンルに適しております。

1957年に "P.A.F." が登場し”Les Paul”のスペックが確立された当初はゴールドトップのカラーリングが採用されており、1958年に初めて名称が "Les Paul Standard" と変更されチェリー・サンバーストカラーが採用されるようになりました。1959年は中でも人気があり、カスタムショップ製のリイシューモデルでも一番の人気を誇っております。
ネックシェイプはヴィンテージギターから実際にスキャンニングしたCシェイプを採用しており、これが現在の "Les Paul Standard 50s" に近いネックシェイプといえるでしょう。
一昔前にDシェイプと呼ばれた厚く握り辛いネックシェイプではなく、適度に厚みを残しながらもすっきりとしたCシェイプで、Gibson Custom Shopの現行1958レスポールのシェイプに近いです。
1959シェイプは厚み自体はほぼ同じですが、エッジ部分は少しだけ削られておりCシェイプの中でも少しVシェイプよりな印象です。

ピックアップには、Gibson Custom Shopでも採用されていた[Burstbucker1,2]を搭載しておりますので、適度なパワーと粘り気のあるサウンドが特徴的です。コードプレイ時にはやや濁りのある響きがあり、ブルージーな一面も垣間見える往年のレスポールサウンドです。
基板配線は廃止され、ハンドワイヤードによる配線に、トーン回路にオレンジドロップコンデンサーを採用しております。
セラミックコンデンサーに比べ音の角が取れた印象で、音にツヤと厚みが出ているのがしっかりと体感できます。

塗装は昔ながらの"ニトロセルロース・ラッカー"を使ったオールラッカーですので、経年変化で塗装面の変化を感じることのできるギターです。

誰もが一度は憧れる”Les Paul Standard”!一度手にしてみてはいかがでしょうか!!


Body Material:Mahogany
Top Material:Maple
Finish:Gloss Nitrocellulose Lacquer

Neck Material:Mahogany
Neck Profile:Vintage 50s
Scale Length:24.75" / 62.865cm
Fingerboard:Rosewood
Fingerboard Radius:12" / 304.8mm
Number of Frets:22Frets Medium Jumbo
Nut Material:Graph Tech
Nut Width:1.695" / 43.05mm
End-of-Board Width:2.26" / 57.4mm
Inlays:Acrylic Trapezoids

Finish:Nickel
Bridge:ABR-1 Tune-O-Matic
Tailpiece:Aluminum Stop Bar
Pickup:Burstbucker 1(Neck) Burstbucker 2(Bridge)
Controls:Volumes, 2 Tones & Toggle Switch (Hand-wired with Orange Drop Capacitors)

 

Gibson Les Paul Standard ’50s Gold Top

¥412,500価格
    bottom of page