top of page
Soundpapa Online Shopping

新しいOrange DistortionペダルはオールドのOrange Distortionペダルと同じものです――少なくとも、外見からはそう見えるでしょう。 LEDとDC9V入力を追加した以外は、1970年代の名機をそのままリブートしたようなデザインで、クラシックな厚みのあるアルミニウムの筐体にシンプルな文字が刻印され、オリジナルのユニットを模倣しています。

しかし、筐体の中では話が違います。新しいOrange Distortionの回路は、オリジナルのバック・トゥ・バック・ダイオード設計を捨て、トーン・スタックを含むアンプ回路に置き換えられ、低域と中域は予め設定されていますが、高域はケースの中の小さなトリマで調整することが可能です。

新しい設計は新しいサウンドを意味しているわけではありません。ヴィンテージクランチからフルサチュレーションまで、クラシックな70年代アンプのようなディストーションに必要な、バイト感、うなり、ウォームさをすべて備えています。LevelとDepthの2つのツマミだけで、クリーンブーストから暖かくファットな歪みのテクスチャー、トレブリーなスクリーマー、最大のサチュレーションまで、あらゆるドライブサウンドをセットアップすることが可能です。ジミー・ペイジのようなギターヒーローのスイートスポットも、Nuggetsのようなガレージロックサウンドに適した荒々しいサウンドも、ヴィンテージスタイルのドライブサウンドならどんなスタイルのサウンドにも対応できます。

ハードワイヤードスイッチはプリント基板(PCB)から独立しているため、修理が非常に簡単で、現代に相応しいビンテージペダルが完成しました。 このように細部にまでこだわり、パワーコードを鳴らす時代へのこだわりを持ちながら、このペダルはロックの黄金時代への完璧なオマージュとなり、今の世代には新鮮なサウンドとして聞かれることでしょう。

低消費電力
Orange Distortionは消費電流がわずか3mAと非常に少なく、ペダルボードのパワーサプライに簡単に組み込むことができます。

バッファード・バイパス
シグナル・チェーンの中に高品質なバッファーがあればより完璧なトーンが得られるでしょう。Orange Distortionは、ローインピーダンスのバッファード・バイパス仕様になっており、ギターのトーンをロスすることがありません。

アジャスタブル・トレブル
アンプ回路のトーンスタックでは、低音域と中音域はプリセットされていますが、高音域はペダルの筐体内部の小さなトリマで好みに応じて調整することが可能です。工場出荷時には3分の1程度に設定されていますが、ユーザーが簡単に微調整できるようになっています。

Orange Distortion

¥33,000価格
    bottom of page